アルミダイキャストやアルミ、鉄鋳物、ステンレスなどの
鋳物・鋳造品の切削加工なら

鋳物切削.com ホームへ

お問い合わせはこちら
お電話・FAXでのお問合わせもお待ちしております。 TEL:0270-62-8288 FAX:0270-62-8322

鋳物やダイカストは、含浸処理で気密検査レスにする

Before
画像がありません。今しばらくお待ちください。

ダイカストや鋳物には、どうしても鋳巣(鋳物の中にできる空洞)が発生してしまいます。耐圧部品である場合など、鋳巣の発生が設計仕様上NGである場合、気密検査が要求されます。

After
画像がありません。今しばらくお待ちください。

 鋳巣がNGである場合、気密検査を行わなくても含浸処理を行なえば、この鋳巣を埋めることができます。含浸処理は、気密検査に比較してコストを大幅に削減することができ、再鋳造にかける時間の無駄も解消します。

Point

●ダイカストや鋳物には、構造上どうしても鋳巣が発生する。

●鋳巣を検査する為の気密検査は、ひとつずつ行うので、手間も時間もかかる。

●含浸処理は、纏まったロットで処理するので、気密検査よりも安価にできる。