アルミダイキャストやアルミ、鉄鋳物、ステンレスなどの
鋳物・鋳造品の切削加工なら

鋳物切削.com ホームへ

お問い合わせはこちら
お電話・FAXでのお問合わせもお待ちしております。 TEL:0270-62-8288 FAX:0270-62-8322

鋳物やダイカストの切削加工は、ロット数に応じて設計を変更する

Before

 左の図のようなフランジ形状の鋳物切削加工品の場合、専用ラインにできるくらいのロットであれば、加工時間も短く安価に加工できます。ただし、ロットが少なくなると段取り時間が相対的に多くなるので、手間もコストもかかります。

After

 ロット数が少ない鋳物やダイカストの切削加工の場合は、出来るだけ工程を集約できるように設計します。左の図のように設計変更すれば、マシニング工程のみで完結できるので、結果としてコストダウンを行うことができます。

Point

●数が多い鋳物やダイカストの切削加工は、工程分割を前提に設計を行う。

●ロット数量が少ないダイカストや鋳物の切削加工は、工程集約を検討する。