アルミダイキャストやアルミ、鉄鋳物、ステンレスなどの
鋳物・鋳造品の切削加工なら

鋳物切削.com ホームへ

お問い合わせはこちら
お電話・FAXでのお問合わせもお待ちしております。 TEL:0270-62-8288 FAX:0270-62-8322

鋳物やダイカストでは、ラフな穴は鋳抜き穴にする

Before

 切削加工を前提としたダイカストや鋳物を設計する際、穴が必要な形状の場合は、切削による穴加工を行うような設計になりがちです。

After

 鋳物やダイカストの場合は、鋳造の段階で鋳抜き穴を設けておくことができます。これをうまく活用すれば、ラフな精度の場合は、切削加工による追加工が不要になるケースがあり、工程およびコストの削減ができます。

Point

●ラフな穴であれば、切削加工によらず鋳抜き穴にすれば工程削減が可能。

●鋳抜き穴であれば、穴径にもよるが、おおよその公差は±0.3mm程度。

●ただし、鋳抜き穴は抜き勾配が必要となるので注意。